山人の語り|味道広路(あじどころ)


春の味・届いた!

  昨日、兵庫県西宮市の先輩から春の味が届きました。(^u^)

  関西の、東は西宮あたりから西は姫路くらいまで、この季節に獲れるものらしいです。

  僕も神戸に5年位いたものですからこの季節になると本当に楽しみな味の一つです。

  

 *いかなごを盛った高坏は清水善行さんの土器です。

   いいですねー。大好きな陶芸家さんの一人です*

   みてー! この艶に照り、眩しすぎます。

   生姜が効いててコクと深みと言ったらなんとも言えません。

   熱々の白いご飯と供に頂くのも良いですが、まずは一杯!

 

小林酒造さんが作った北斗随想(純米吟醸)で一献かたむけた。

杯は石坂先生の結晶釉のぐい呑みにしました。

なんと、杯の底には結晶の花びらを咲かせているのです。

一度に二度美味しいとはまさにこんな事を言うのかな~。

日本人に生まれて良かったとつくづく思いました。

 

あー、今日も美味しいお酒を飲むことが出来ました事、先輩をはじめ皆様に感謝、感謝でございます。(^-^)

さー!明日もがんばるぞー!!

ちなみに先輩のお店とは、子孫(こまご)と言います。関西に行かれた際には是非お立ち寄りを。

2009 年 3 月 19 日 料理

コメントはまだありません。

コメントをする

(必須)

(必須)