山人の語り|味道広路(あじどころ)


‘野山の時間’ カテゴリーのアーカイブ

可憐で儚い

北海道もいよいよ夏到来!

灼熱の太陽と山の木々を通り抜ける爽やかなかぜが

北国の夏を感じさせてくれます。

そして、夏の花の中で大好きな花があります。

それは、夏椿です。

真っ白な花びらと、緑濃き葉っぱが何とも涼しげに感じられるのです。

そして、はなを咲かせたと思ったら、はらりと散ってしまいます。

何とも、儚き花の人生かと思います。

一瞬の輝きにすべてを傾ける、そんな人生も素敵だなと、思う七夕の夏。

2011 年 7 月 8 日 金曜日 未分類,野山の時間

自然な色の美しさ

山の木々も少しづつ緑濃くなり 北海道の初夏の訪れを感じます

川や海も少しづつ変化を見せ始め どんな状況でも自然は動き続けています

そんなある日 友人からの届け物

真っ赤な線をまとった赤腹うぐいが届きました

大きさは40センチ~60センチもある大物ばかりです

あまりの美しさにしばらく眺めていました

身の方はルイベにします 山ワサビを添えて

臭みもないのでおいしく頂きました

目に心に口福なひと時でした

2011 年 6 月 14 日 火曜日 野山の時間

でたー!

山でキノコ採り

久しぶりにご対面!

キヌガサ茸です

頭の部分は悪臭を放ちますが網目状のレースの部分が伸びてきて

地面に接するほど伸びてきて形が優雅なため

キノコの女王と呼ばれています

中華のスープに使われたりします

こっくりとした旨みと しゃっきりとした歯触りが独特です

皆さんも野山歩きを楽しんでみてはいかがですか

2010 年 11 月 5 日 金曜日 野山の時間

色とりどりの秋模様

朝晩の冷え込みも少しづつ厳しくなってきましたが

その寒暖の差のお陰で綺麗になる出来事があります

それは皆さんも大好きな”紅葉”です

今朝 雨の後の山にキノコの収穫に出かけました

その時に出会った一枚がこちらです

紅葉に朴葉にさくらにイタヤカエデなど様々な色 形が織りなす美しさに

時の流れを忘れてしまいました

空を見上げるのも素敵な事

でも足元にこそ美しい物が落ちているかもしれません

そこここに・・・

2010 年 11 月 4 日 木曜日 野山の時間

秋の実り感じます

朝晩の気温差が激しくなってきました

暑い暑いと思っていた夏も今となってはチョット寂しい気もしますが

秋になると様々な実りがやってきます

舞茸は知人に採って来て頂きました

天然ならではの味と香り 歯ごたえはサイコーです!

隣の大きなボリボリは近くの山でゲットしました

お吸い物に炊き込みご飯 天ぷらなどにして楽しみたいですね

皆さんも秋の味覚をお楽しみに下さい

2010 年 10 月 14 日 木曜日 野山の時間

ゲロ ゲーロ!

いやいや北海道も本州のように蒸し暑い日が続いています

雨は、人によっては天の恵みであり、はたまた降りすぎには災害をもたらす物でもあります

そんな中、雨を喜んでいるのが、そう、カエルさんです

仕事場の窓に何やら張り付いたものが・・・・・。

うわー!ビッタリとしているカエルさんでした。

ね!すごいでしょ

青空 キュウジ コウジなんて皆さん知ってますよね?

この辺で失礼致します・・・。

2010 年 7 月 30 日 金曜日 主人のつぶやき,野山の時間

夏の川魚

 

夏の川魚の代表と言えば、やはり“鮎でしょうか

北海道の方にはなかなか馴染みがないと思いますが、本州の方にはたまらない食材だと思います

鮮度の良い鮎が入ったので鮎の煮びたしにする事にしました

番茶で茹でて綺麗に洗ってからお酒とお水、梅干し少量のお砂糖とお醤油を入れて

4時間位あくを取りながらことこと、ゆっくりと煮汁が無くなるまで煮ると骨まで軟らかく煮えて美味しくなります

何でも共通する事だと思いますが、手間と時間をかけた物は必ず良い結果をもたらしてくれます

この方法で煮ると保存も効きますので、是非皆さんもお試し下さい

2010 年 7 月 29 日 木曜日 料理,野山の時間

夏にひっそり咲く一輪

いよいよ、夏本番を迎え休日にはバーベキューやキャンプなど

楽しいイベントが目白押しとなって来ました

お出かけもいいですが、木陰の木漏れ日に包まれてひっそりと咲く花を眺めるのもいいですよね

そんなイメージにピッタリなのが、まさに夏の花!夏椿です!

どんなに暑くても涼しい顔をしてキュッと咲かせてパッと散る、

そんな潔さが何とも日本の夏らしいですね

皆さんも身近な夏の涼を感じてみてはいかがですか

おまけ

最高ですわ!(サン)

2010 年 7 月 28 日 水曜日 山(サン)のささやき,野山の時間

本当に静か?

いやー!本当に春のそよ風が心地よくなってきました。

先日の雨で一気に山の緑も深くなり、まさに森緑と言わんばかりの季節になりました。

ようやく山歩きも本格的になり、山独活、タラの芽、こごみに、しどけ、二輪草などなど

野山は沢山の山菜で溢れ返っています。

そんな中で、僕の一つの楽しみは山野草との出会いです。

今日はその中の一つをご紹介します。

 

                              綺麗で可憐なはなですよねー!

この花を見ながら聞くオオルリ(青い鳥)の鳴き声は本当に癒されます。

皆さんも野山歩きを楽しんでみてはいかがですか。

そうそう、くれぐれもクマさんにはお気を付け下さい。 

2010 年 5 月 26 日 水曜日 野山の時間

野山歩き始まる

ゴールデンウィークも終わり例年より二週間程遅い北国の春がやって来ました

野山も芽吹き始め 沢山の野花や山菜が覗き始めました

山に入ると色々な香りが僕の周りを包み込んで

とても癒される季節の始まりです

綺麗ですね

僕はこの色を エンゴサクブルーと呼んでいます

そして黄花甘菜(キバナノアマナ)

小さく可憐な花ですね

皆さんも野山歩きを楽しんでみては

2010 年 5 月 11 日 火曜日 野山の時間

ページの上へ戻る